Print this page

X線衛星アテナとSKAの共同研究に向けて

ヨーロッパ航空宇宙機構ESAが打ち上げを予定しているX線アテナ衛星(ATHENA: Advanced Telescope for High ENergy Astrophysics)とSKAは2020年代後半の次世代望遠鏡として活躍することが期待されています。アテナ衛星は宇宙の大規模構造形成にともなう熱いバリオンや大質量ブラックホールへの降着など高エネルギー天文学を観測対象とし、SKAもまた宇宙最初の星や銀河、パルサーやブラックホールの観測による重力波研究、宇宙生命など広範な科学を対象としています。

アテナ科学研究チームとSKA機構は両観測所間で可能な共同研究について検討することに致しました。ワークショップを開催し、広く科学コミュニティーからの意見を取り入れ、SKA-アテナ共同研究白書を準備する予定です。

詳しくは以下のページをご覧下さい。

Scientific synergies between the Athena observatory and the SKA telescope to be explored