Japan is actively studying the SKA project in order to find out the best way to participate in the project. In the Japanese Master Plan of Large Research Projects, the Science Council of Japan – the organisation representing the Japanese scientific community across all fields of sciences – recommends SKA as one of the major large research projects in the division of astronomy and astrophysics. Although Japan is not currently a member, a representative from the National Astronomical Observatory of Japan (NAOJ) has been participating in the SKA board meeting as an observer. Since 2014, NAOJ has been sponsoring three Universities in Japan for their activities related to SKA. In the programme, a Japanese liaison is visiting the SKA Office on long-term secondment.

Japanese SKA activities are led by the Japan SKA consortium in which more than 160 Japanese scientists and engineers are participating. Several Japanese leaders in the Japan SKA consortium are committed to the international SKA science working groups. Japan is contributing Epoch of Re-ionisation, Cosmology, Galaxy Evolution, Pulsars, Magnetism, Astrometry, Interstellar Medium, and Transients. As for engineering, Japan is preparing for contributing to work packages of the dish, wide-band single pixel feed, central signal processor, science data processor, and telescope manager, and studying other packages too.

日本はSKA計画への最良の参加の仕方を見出すためにSKA計画を積極的に調査しています。全科学分野にわたる日本科学者コミュニティの代表組織である日本学術会議 は、その大型研究計画のマスタープラン2014において、SKAを天文学・宇宙物理学分野における重点大型研究計画のひとつと提言しました。日本は現在メンバー国ではありませんが、日本の国立天文台 の代表者がSKA理事会にオブザーバーとして参加してきました。2014年からは、日本の国立天文台はSKAに関係する活動のために日本の3大学に資金援助を行っています。そのプログラムの中で、日本の科学者が連絡役としてSKA機構本部に長期出向しています。日本のSKAの活動は160名以上の科学者と技術者が参加している日本SKAコンソーシアム が先導しています。日本SKAコンソーシアムの複数名のリーダーが国際SKA科学検討班に貢献しています。日本は宇宙再電離、宇宙論、銀河進化、パルサー、宇宙磁場、位置天文、星間物質、突発天体の分野で貢献しています。技術分野では、日本はパラボラアンテナの受信器系(DSH)、広帯域フィード(WBSPF)、相関処理とビーム形成(CSP)、科学データ処理系(SDP)、望遠鏡の管理(TM)での貢献の準備を進め、さらに他の技術の調査も進めています。

Top